自己処理するときの便利グッズ・コツ

自己処理するときの便利グッズ・コツ

各脱毛方法に応じて、併用すると便利なアイテムがあります。
もちろんどれも単独でムダ毛処理ができるようになっているのですが、何かと一緒に使うと肌を傷めずに済んだり、キレイに処理しやすくなるというものです。
セット販売していることもありますね。

 

例えばブラジリアンワックスなら、ベビーパウダーはほぼ必須です。
ワックスの前に肌へはたいておくことで、痛みを軽減しはがれやすくなるからです。
ブラジリアンワックスのスターターキットにはよく入っていますね。
専用オイルがセットされていることもあります。

 

ブラジリアンワックスを頻繁に使う場合は、専用ウォーマーがあるといいかもしれません。
特に冬場はワックスが固まりやすいので、塗っている間に固まってしまうこともあります。
最近はレンジで温められるタイプも出てきていますが、書いていないものだとレンジの中で爆発する恐れがあるためです。
毎回湯せんするのもちょっと大変ですものね。

 

また、長い毛についてはカットしておく必要がありますので、先の丸いはさみ(セーフティーはさみ)があるといいでしょう。
普通のはさみでも構いませんが、慣れるまでは肌を傷つけてしまうかもしれませんので、ケガをしにくいはさみがあると安心です。
一度カミソリで剃って、ある程度伸びるまで待ってからワックスを使うという方法もあります。
時間があればそうしてもいいですね。

 

脱毛器の場合は、何よりまず説明書をよく読むこと。
あまりに長すぎる毛だと効き辛いですし、色素の濃いところには使えないことが多いからです。
こちらの場合もセーフティーはさみやカミソリがあったほうが良さそうですね。

 

どの脱毛・除毛方法にしろ、処理もれがあったときのために毛抜きを用意しておくとさらにいいかもしれません。
大量の毛を毛抜きで処理するのはオススメできませんが、1本や2本残ってしまったときなどに使うのは問題ないからです。
ブラジリアンワックスで脱毛してくれるサロンでも、この手法は使われています。

 

そして、ムダ毛処理が終わったら必ず処理した場所のスキンケアを行いましょう。
顔に使っているものでも構いませんし、乾燥が気になるパーツであればボディクリームで保湿するのが一番です。
どの処理方法でも大なり小なり肌へのダメージは避けられませんから、アフターケアは必須。
決して抜いてそのままなんてしないでくださいね。
毛がなくなっても、傷跡やカサつきがあったら処理した意味がなくなってしまいますから。

ムダ毛の処理は人それぞれ

脱毛やムダ毛処理というと、「自己処理は絶対にダメ!」なんて言われてしまいますが、こうしてやり方さえきちんとすればキレイに仕上げる事も完全に不可能ではありません。
脱毛業界も最安値競争や店舗数拡大などで競争が激しいので、少しでもお客さんを確保するために苦労されているのでしょう。
しかし、予算的に厳しかったり通う時間がないのに無理してサロンやクリニックに行く必要はありません。
それこそ業者の思うツボです。

 

それでウィンウィンになるのであればもちろん良いでしょうが、何かしら不満を抱えているのにわざわざお金も時間も使って通うのはもったいないですよね。
事実、どの方法にしろ脱毛で全く不満を感じない人はほとんどいません。
予約の取りにくさだったり、施術の費用だったり、スタッフの応対だったりとどこかに不満点はあるものです。
皆さん多少の事はガマンして通っているようですが、仕事やプライベートでストレスを抱え込んでいる上に、キレイになるための場所でさらにイライラするなんて耐えられない!という人も多いでしょう。

 

でしたら、脱毛器なりブラジリアンワックスなり、はたまた質の良いカミソリなりで満足いく自己処理をするのは決して悪い事ではありません。
要は、よりストレスを感じない+続けられる=自分に合った方法でムダ毛を処理すればいいのです。
極端な話「ノースリーブは着ないから、ワキは伸びてきてから処理する」「結婚しないし彼氏もいらないから、VIOなんて誰にも見せないわ」という人なら無理に脱毛する必要はないですよね。

 

しかし、やはり腕や足、顔のうぶ毛など人目につきやすいところの毛は処理しておいて損はないでしょう。
異性の目がない・気にしないとしても、知らないところで「あの人だらしないね」なんて言われてしまっているかもしれません。
それすら気にしないというツワモノな方は、のままでいてくださっても良いでしょうけれども。
でも、そういう噂話をうっかり聞いてしまったときのショックって結構大きいですよ。

 

逆に、周りに毛深い人がいて処理が多少甘かったからといって、あれこれ言い立てるような人にはなりたくないですよね。
日本ではムダ毛の処理が宗教や法律で決まっているわけでもないですし、あくまで本人の自由です。
世界には習慣的・宗教的な理由で脱毛が当然の国や地域もありますが、日本はそうではないのですから。
くれぐれも「外側だけイイ」女にはならないようにお気をつけくださいね。