光とレーザーってどう違うの?

光とレーザーってどう違うの?

「脱毛に通おうかな?」と考えたとき、誰でも悩むのがサロンとクリニックどちらに行くかということ。
後悔しないためには、どちらにどんな特徴があるのかを知り、メリット・デメリットを比較するといいでしょう。
もちろん費用だけで決めてもいいのですが、詳しい事を知っておいて損はありません。

 

大きく違うのは、使える機材。
医療レーザー脱毛はその名の通り医療行為ですので、クリニック=病院でしか使えません。
自由診療になるため保険が効かず、費用が高めになるのが欠点ですが、出力も大きいため通う回数が少なく済むことが多いです。

 

反対に、サロンでは医療行為ができないため、代わりに光脱毛の機械を使います。
これはレーザーと比べると出力が低い代わりに、扱いが比較的容易で医療的な知識や資格が必要ないからです。
そのため1回あたりの費用が安く済むのが大きなメリットです。

 

どちらも根気よく続ければキレイに脱毛できますが、完全に毛がなくなるまでの期間及び回数には大きな差があります。
単純に考えると、費用がかかっても早く処理を終えたい場合は医療レーザー脱毛(クリニック)、時間がかかったとしても安く済ませたいという場合は光脱毛(サロン)がいいでしょう。
パーツや元の毛の量・太さにもよりますが、どちらにしろ1〜2年はかかりますので、きちんと検討したほうがいいですよ。
途中で止めたいと思っても、違約金を払わなくてはいけませんからね。

 

特に女性の場合、生理中や妊娠・出産など施術を受けられない期間がありますので、計画的に脱毛するのが大切です。
理論的にはどの期間でも施術できるのですが、こうした時期は肌が敏感になっているため、光やレーザーの刺激をより強く感じやすくなるため、施術を断られるケースがほとんど。
特に妊婦さんについては、ストレスから胎児への悪影響が出るといけないということでまず施術は不可能です。

 

ですから、妊娠の予定がある・もしくは将来子供を産みたいという人は、それも含めた期間を計算しておくのがベストです。
一見関係ないように見えますが、これはとても大切な事。
「そこまで考えるのめんどくさい」という人は、サロンやクリニックに通うよりも脱毛器のほうが向いているかもしれません。
出力は弱まりますが、その分頻繁に照射できるので処理もれはなくしやすいですからね。
どこかへ通うことだけが脱毛ではありませんから、いろいろな面を総合して脱毛方法を選ぶと良いでしょう。