絶縁針脱毛のメリットって?

絶縁針脱毛のメリットって?

今は脱毛というと光・レーザー・ブラジリアンワックスの三つ巴という状態が続いていますが、実はもう一つ方法があります。
昔から行われているニードル脱毛や、それを改良した絶縁針脱毛です。
どちらも細い針を毛穴に刺して電気を通すので痛みは強いのが欠点ではありますが、毛根を直接破壊するので効果は高いです。

 

以前主流だったニードル脱毛(電気針脱毛)は針が皮膚に直接触れるため痛みが強く、途中で止めてしまう人も多かったようです。
現在は針に絶縁処理を施した絶縁針脱毛を行っているクリニックがほとんどですから、体験してみたいのであればそちらを選びましょう。
ただし、毛にそって針を刺しますのである程度ムダ毛を伸ばした状態で施術を受けなくてはなりません。
暖かくなってから受けようとするといろいろ厳しいかもしれないですね。

 

ではメリットは何かというと、絶縁針脱毛は病院でしか受けられないことです。
そのため衛生管理もきっちりしています。
出血するわけではありませんが、皮膚の内側に針を入れるので、感染症が発生しないようかなり厳重な管理をしています。
例えば、初回施術時に一人一人専用の針を購入し、脱毛を終えるか寿命がくるまではずっと同じものを使います。
昔注射器の使い回しによる肝炎やHIVの伝染が問題になりましたが、そういうことが万が一にも起こらないようになっているのです。

 

さらに、絶縁針脱毛をやっている病院では、医師や看護師などすべてのスタッフの血液検査を行っています。
施術を受ける側にも脱毛前に血液検査をし、安全なことを確認してから施術に移ります。
血液検査は医療機関でしかできないので、自然と絶縁針脱毛も病院しかできないということになるんですね。

 

絶縁針脱毛を扱っている病院の多くは、テスト脱毛として狭い範囲の施術をしてくれます。
丁寧に説明されても、実際にやってみないとどのくらいの痛みがあるのかなどはわかりませんので、一度体験してみてから本格的に施術を受けるか決めるといいでしょう。
もちろん、痛みを軽減するための冷却や塗る麻酔などもやってくれます。

 

特殊な方法であるがゆえにいろいろ事前準備が必要な脱毛方法ではありますが、実は他の脱毛方法と比べて圧倒的に有利な点があります。
毛根を直接刺激するため、ワキガの原因となるアポクリン腺を萎縮させる事ができるのです。
もしワキガとムダ毛両方でお悩みなら、一度テスト脱毛を受けてみてはいかがでしょうか。

より適した方法でキレイになろう

一口に脱毛と言ってもいろいろ。
まずは自分でやるか、人にやってもらうかで大きく分かれます。
他人でやってもらうとすれば、サロンでの光脱毛かクリニックで医療レーザー脱毛ということになるでしょう。
しかし、人に見られるのはどうしてもイヤという人もいますよね。

 

そこで、自分でできる脱毛方法について最後に取り上げてみました。
自分で処理する方法としてはカミソリ・毛抜き・除毛クリームなどなど、さまざまな方法があります。
最近人気なのはブラジリアンワックスと脱毛器ですね。

 

ブラジリアンワックスは海外ドラマや映画でよく出てくるので、ご存知の方も多いでしょう。
自分でも使えますし、サロンでやってもらうこともできます。
ブラジリアンワックスは毛を物理的に引き抜くため、やはり痛みが伴いますが、ワックスが肌を守ってくれるため毛抜きやカミソリよりは皮膚を傷める心配が少ないです。
ただし、扱いには熟練が必要です。

 

脱毛器というのは、サロンで使われているような光脱毛の機械を家庭用にしたものです。
結果的にサロンより低価格になる場合もありますが、処理残しがないよう念入りに鏡を見て使いましょう。
多くの機種で鏡がついていますので、忘れるということはないでしょう。

 

どちらもきちんと使えばキレイに処理できますが、大なり小なり痛みがあるのが欠点といえば欠点です。
どうしても痛いのがイヤという人は、脱毛ではありませんが除毛やカットで整えるといいでしょう。
例えば、除毛クリームの質の良いものなら剃ったときのようなボツボツにならず、キレイに処理できます。
ただ、皮膚の表面に出ている毛しか溶かさないので、定期的に処理が必要です。

 

また、Vラインなら専用のヒートカッターを使うという手もあります。
一度に数本ずつしか切れませんが、形を整えるだけなら十分です。
夏になるとよくセール対象になっているので、探してみるといいでしょう。
価格も脱毛器に比べるとずっと安いですし、とっつきやすいアイテムです。
毛を焼き切るため焦げ臭いニオイがするが、部屋に充満するようなものではありませんので、換気すれば大丈夫。

 

このように、サロンやクリニックに通う以外にもムダ毛を処理する方法はいろいろあります。
費用や通う手間がないという方、恥ずかしいし見られたくないという方はこうした処理方法を試してみてはいかがでしょうか?
通えないというだけでムダ毛処理を諦めるのはもったいないですよ。
自分に合った方法でキレイになってくださいね。